jpki-rw.jp

すでに数多くのお母さんがホームスクールをして、その中、複数のブロガーが遊び方や教育方法を共有してくれて、私たちが接することができるホームスクール情報は無限である。子供の愛育児ポータルや保健福祉部のサイトでも子供と遊んで与えることができる様々な遊び方を紹介し、私たちの家に合うように少し変形しても母親の表遊びをいくらでも楽しめる。

それでもまだ多くの母親が母親の表ホームスクールをためらったりジレ放棄する。あまりにもハードママ表ホームスクールを実行するいくつかのグムソン(?)お母さんたちによってママ表ホームスクールの意味が過度に歪曲されているからではないか、慎重に考えてみる。以下は私が考えてみたホームスクールの5つの誤解だ。

1.ホームスクールは、お母さんが直接子供の教材や遊びの教区を作ってくれるの活動である。

NO!そのため、親が直接教材を釘した場合、教材を購入したり、他の人が上げた教材をダウンロードして使用してもされている。ママ表のおもちゃ?釘作ってもされる。マートで販売されているおもちゃを買って一緒に遊んでくれたり、外に出て木、草、石、花を利用して遊んであげてもされる。

2.ホームスクールは、塾講師級の実力を備えた人々がすることができる質の高い教育活動である。

ホームスクールは乳幼児から始めることができる。小学生たちも、乳幼児の弟を十分世話教えることができるので、私の母にも、私たちの子供たちを自分も教えることができる。子供がジャラナムに応じて教材がますます難しくても、お母さんの実力と知識も一緒に並べているので、心配する必要はない。

3.ホームスクールをするには、時間がかかるためにワーキングママはすることができませんか?

ホームスクールは、一日10分で十分である。子供の目の合わせ机の前に座ってのように学習指導を緩めるか、のような絵を描いてみるか、楽しく体で遊んでくれる活動にも子供は幸福感と感情的な安定感を得る。

4. DVDを見せたり訪問先生の助けを受ける母親表ホームスクールではない?

お母さんが神ではない。たまに映像は子供に中毒を与えることができるので、無条件に示してくれればならないと主張している方がいらっしゃいますが、専門家が、長い時間念入り作った教育DVDを示すことが、なぜ罪が分かるかね。お母さんが教えてくれることができる知識の量と質より専門教育DVDがよりモトハダゴ言うことができる人は誰もいないだろう。

一つの複雑な知識を音響的に簡単に伝え、理解させることができるのが教育DVDだ。お母さんが言葉で説明できない部分を代わりに担当してくれることがありますので、全く罪悪感を持つ必要がない。学校でも、最近では授業時間に多くの視聴覚資料を並行して授業するしかない現実である。子供たちに渡す必要が知識の量があまりにも膨大であるみると、テキストと言葉で説明することができるには限界があることは事実だからだ。

DVDやビデオ訪問の先生の助けを受けることは極めて当然のことだが、お母さんが必ずしなければならない部分がある場合はすぐに「復習」である。DVDを流してくれて、他の活動をせずに子供と一緒に並んで座ってDVDを一緒に見て、その内容をお互いに話してみましょう。

英語のDVDを示している場合、英語の文字の名前を必ず覚えておいて子供と一緒に、そのキャラクターが言った言葉に対して再度話をしてみと復習をしてくれて、科学的な動画やハングルの勉強DVDの場合にも、同様にDVDの中に出てきた内容を必ず一緒に見て、見た後にその中に出てきた内容について必ず子供と一緒に復習をしてう。ハングルの場合に出てきた単語を書いてみるか、磁石の文字にしてみるの活動をしてくれれば、それがまさに素晴らしい「ママ表ホームスクール」になる。

DVDや訪問教師を活用しながら復習してくれず、子供の理解レベルや進歩を知らないと言ったり、訪問の先生にすべてを任せてしまえばホームスクールになることがない。DVDや訪問教師の進歩をお母さんがチェックし、子供の理解度や学習レベルをお母さんが主導し、子供を中心に合わせて与えることができれば、これも母の表ホームスクールである。訪問学習誌の場合、先生があらかじめ組ま進歩を合わせて与え半分程度の分量を宿題に空けるため子供の宿題を一緒にしながら十分にお母さんがホームスクーリングを主導していくことができる。

5.ホームスクールは、お母さんがすべての勉強のスケジュールを立てなければなら?

すべてのお母さんが、乳幼児教育の専門家ではない。何歳の子供にどのような教育をすべきか頭の中にどんどんスケジューリングがされている母親は、全体の5%にもならないだろう。その5%もおそらく乳幼児教育従事者の出身である。専門家が作ったスケジュール表とジンドピョを参考にしても良い。書店に行ったり、ブログ検索だけでママ表ホームスクールの進歩とシステムを整理しておいた文章が多い。

十分参考にしてもされており、私たちの子供のレベルと速度に合わせて変形させて使用すると、それがママの表になるだろう。ただし、私たちの子供のレベルと速度を考慮せずに、他人が作ったスケジュールを子供に強要した​​りできない沿っと子供を打撲がなければされる。すべての過程を子供を中心に置いて、お母さんが主導していけばいい。

おわりに

このような誤解のためにホームスクールがとても難しく途方もなく感じられるではないか?私が考える「ホームスクール」とは、私たちの子供の勉強(または演劇)の活動を「親の主導」で進行するすべての家庭教育を指す言葉だ。「親の主導」は、他の言葉で「子供の中心」という言葉代替することができるだろう。つまり、親が自分の子供を中心に進歩を計画する活動だと説明することができる。

私たちの子供がどのように理解していることは、すべてのプロセスを一緒にして、難しい部分は補充してくれ、上手は支持してくれて、興味のないものは強制せずに、すべての学習の主体を親と子供が一緒に合わせていくこと、それがホームスクールだと思う。

ホームスクール、難しく大変でもない。周囲の助け、メディアの助けは、専門家の助けを積極的に受けよう。そしてお母さんが直接「先生」になってあげよう。ママ表ホームスクールで最も重要なのは、子供が勉強のために「自信」を持つようになると、母親との感情的な共鳴を介して「自尊心」を高めるものである。この二つを絶対忘れないを。

関連記事